鍼灸で膝の痛みが消えた

私は3年前に自転車に乗っていて転倒し、左足の指の付け根を骨折してしまいました。
全治2か月と言われ、2か月後に仕事復帰し、ずっと痛い左足をかばいながら仕事をしておりました。
すると、今度はかばっていた右足の膝が痛くてなってきて、骨折した左足は治ったのですが右の膝がずっと痛い状態です。
このまま痛い状態が続くのはいやなので、思い切って鍼灸に行くことにしました。
鍼灸の先生に「なぜもっと早く来なかったの?」と怒られてしまいました。
先生が言うには「痛みの症状が現れたときに比較的早く来院していれば数回で治っていたのに」とのこと。
もちろん一概には言えませんが、早ければ早いほど治療にかかる時間も費用も少なくて済むそうなんです。
私も、まだ数回しか通っていませんが、だいぶ楽になってきました。
まだ、階段を手すりなしでトントンと上がるわけにはいきませんが、天気のいい日はウォーキングに出たりと、外出がおっくうでなくなってきたのが嬉しいです。
あともう少し通って、階段を手すりなしでトントンと上がれるようになりたいと思います。
その日が、待ち遠しいです。

Read More

歯が欠けると口の中に傷がつく

健康で長生きするためには、規則正しい生活習慣が大切です。
三度の食事もそのひとつですよね。
好き嫌いなく食事を楽しむためには、歯が丈夫なことも大事な条件です。
そのためには、虫歯をつくらないように、日頃からきちんとケアすることが大きなポイントです。
もし、虫歯ができてしまったら、早めに虫歯治療を行ないましょう。
虫歯を放置しておくと、どんどん進んでいき、最悪の場合は歯を抜くことにもなります。
もちろん、そこに至るまでには、虫歯部分が欠けたり穴があいたりします。
歯が欠けたときは、口の中が傷つくことも少なくありません。
これは、経験した人でないと理解できませんが、ほんとうに痛いです。
食事に支障が出ることも避けられないでしょう。
また、歯が欠けると咬み合わせも変わってきます。
体のどこが具合悪くても、生活の質が大きく低下しますよね。
しかし、適切な治療によって元気な日を取り戻すことが可能です。
ただ、歯の場合は治療を行なっても、ベストの状態には戻らないことを知っておきましょう。
やはり、虫歯のない歯が理想的です。
歯が欠けて口の中が傷つくのは辛いですが、さらに辛い思いをするのを防ぎましょう。

Read More

「痛くない歯医者だよ」っていうの気休めじゃなかった!

私は子どもの頃から本当に歯医者が嫌いでした。
デモって、大人になった今でも相変わらず歯医者が嫌いで、親を困らせてるくらいです。
こないだ、親知らずが痛くて仕方なくて、親から「痛くない歯医者があるから」って言われてある歯医者へ行きました。
痛くない、なんて絶対に気休めだと思って、諦めてその歯医者へ行ったんです。

だけど、本当にその歯医者の治療は痛みが最小限でした。
私が歯医者で泣かなかったの初めてです(笑)
それに、その歯医者では歯の健康の大切さをちゃんと教えてもらいました。
今まで、虫歯のことを軽く考えていたんだけど、ちゃんと治さないと大変なんですね。
というか、虫歯ができないように歯のケアを普段からきちんとやることが大事なんだって教わりました。

今までの歯医者では歯のことをそこまで教えてもらえてなかった気がします。
というか、私が歯医者に対しての抵抗がありすぎて、ちゃんと聞いてなかっただけかもしれません。
これからはもっと歯磨きもしっかりやって、定期的に検診も受けます。
歯の健康について真面目に考えていかないといけませんね。

Read More

確定申告をすると税金が戻ってくる場合も

副業所得が20万円を超えるなど、一定の条件を満たす人は確定申告の対象になります。
放置しておくと重加算税などが科せられるため、きちんと申告することが大切です。
一方、確定申告をすると税金が戻ってくる場合もあり、自分で気付く必要性がでてきます。
「医療費控除」は代表的存在です。
会社員には「年末調整」がありますが、医療費控除は含まれないため注意しましょう。
医療費控除の対象になるのは、確定申告を行う人、その人と生計を一にする人(配偶者その他の親族)です。
ただし、入院や通院などに掛かったすべての費用が医療費控除にはなりません。
また、生命保険や医療保険を受け取ったときは、その金額を差し引く形になります。
ちなみに、医療費控除には10万円とのイメージがありますが、詳細は次のとおりです。
【総所得が200万円以上の場合】
医療費控除額=1年間で払った医療費-保険金等で補填される金額-10万円
【総所得が200万円未満の場合】
医療費控除額=1年間で払った医療費-保険金等で補填される金額-総所得の5%
なお、平成29年分の確定申告から、「領収書」のかわりに「医療費控除の明細書」を添付する形に変更されました。
もちろん、医療費の領収書は5年間保存のため、なくさないようにしましょう。

Read More

茨木の整体・カイロプラクティックで痛みが再発しない体づくりしよう

体になんらかの不調があると、気分まで落ち込んでしまいます。
そのような状態から健康を取り戻すためには、不調の原因をしっかり確かめ、しかるべき治療を受けることが大切です。
そのうえで、整体を受けることも考えましょう。
「茨木治療センター」は、茨木の整体・カイロプラクティックとして有名です。
こちらでは、姿勢矯正による「痛みが再発しない体づくり」をコンセプトに、患者様と真剣に向き合っています。
ポキポキと音を鳴らす整体もありますが、こちらの治療センターでは、そのような施術を取り入れていません。
姿勢の矯正で血液の循環をよくして、脊柱の復元を促すやり方に特徴があるのです。
体のねじれを正すことで、痛みが取れるだけでなく、血流改善にも役立ちます。
その結果、自然治癒力や免疫力が高まり、痛みの再発を防ぐことが可能になります。
「茨木治療センター」サイトには、患者様と院長とのツーショット写真や、施術前後の写真が掲載されています。
それらの写真からは、幅広い年代の人が訪れている様子が見て取れます。
施術により姿勢がよくなると、気持ちも明るくなりますよね。
体の不調を抱えるみなさんは、こちらの治療センターで施術を受けてはいかがでしょうか。

Read More

ブルーレイ作成なら「株式会社ピコハウス」にお任せ!

レーザー光でデータを読み書きする記憶媒体「光ディスク」が登場して久しくなります。
CDはもちろん、DVDやBDの需要も高まっています。
どの記憶媒体を選べばよいのかは、個々によっても異なります。
容量の大きさも判断基準のひとつですが、専門的なことがわからない場合は「その道のプロ」にお任せしたほうが安心かもしれませんね。
ブルーレイを作成するときは「株式会社ピコハウス」への依頼を考えましょう。
こちらでは、DVDやBD制作のワンストップ・トータルサービスを手掛けています。
20年以上の制作実績を持っているため、法人のお客様はもちろん、個人のお客様にもおすすめです。
制作の流れは「打ち合わせ→オーサリング→検証→プレス→パッケージング→納品」となっています。
ちなみに、オーサリングとは、音声は動画、静止画などを組み合わせたマルチメディアタイトルをつくることを意味します。
ブルーレイをつくるときは、品質や価格、納期などを決める必要があります。
もちろん、どのようなものに仕上げるのかが大きな課題ですよね。
迷ったときは、制作を丸投げする方法もありますので、「株式会社ピコハウス」に相談してはいかがでしょうか。

Read More

歯科経営で悩んだらこのセミナーに参加しよう!

駅前にも街中にも歯医者さんの数ってたくさんありますが、こんなに多くの歯医者さんがあると患者さんの取り合いにならないのかなぁ?
都内では同じビルの中に複数の歯医者さんが入っているみたいだし、歯医者さんの経営も大変なんでしょうね。
たくさんの歯医者さんが開業している一方で廃業に追い込まれている歯医者さんもあり、腕が良いだけでは経営を続けていくのは大変みたいですね。
歯科経営していて売上に悩んでいる人にオススメのセミナーがあります。
歯科経営塾に参加するとスマホで集客する秘訣、プロモーション動画の活用戦略、ホームページ戦略、紹介マーケティングの具体的なアドバイス、定期来院のための信頼関係構築アドバイスなどを行ってくれます。
歯科経営塾の参加費が4時間のコンサルで5万円です。
高いと感じるかもしれませんが、20年以上売上アップを続けるためのノウハウを学ぶことができます。
参加後に売上がアップした歯医者さんは多く、歯科経営の成功者の仲間に入りたいと思いませんか?
歯科経営塾は少人数制のグループコンサルティングで、経営の悩みを解決することができます。

Read More

引きこもりの支援は大切

引きこもりという言葉がメジャーになってずいぶん経ちますね。
引きこもりとは、部屋に閉じこもったまま学校へも会社へも行かず、ネットやゲームをして過ごす人たちのことです。
中には、食事すら部屋で食べ、何年も親に顔を見せていない人もいます。
また、暴言で親を困らせる人もいるそうです。
引きこもりになる原因は様々です。
一度引きこもるとなかなか外に出にくくなりますので、支援が必要なのです。
親だけでは対応が難しいため、支援機構の様なものが必要です。
一昔前、引きこもりと言われていた若者は歳をとり、中年以上の引きこもりが増えていると言います。
そうなると、就職も難しいですし、社会復帰するのはかなり難しくなります。
何としても、若いうちに引きこもりを脱し、社会復帰する必要があるのです。
引きこもりの支援を行っている機関はそれなりにあります。
親身になってくれますので、ぜひ相談に行ってほしいです。
ただ相談にのるだけでなく、共同生活のできる施設を紹介してくれ、そこで社会復帰を目指すこともできるのです。
早めの対策が一番です。
一人一人の自立を応援してくれる支援機構が、今後も増えることを期待します。

Read More

確定申告の期限が迫る~!!

私、家で仕事をやってる、在宅ワーカーです。
最初は収入も少なかったんで普通に確定申告してましたが、結構軌道に乗ってきたので去年から青色申告にしました。

色んな書類をそろえて、経費を計算して、すごく面倒くさいです。
だけど、青色にしたら本当に経費で控除分が大幅に増えるんで絶対に得なんです。

今、幸いなことに仕事がどんどん入ってきています。
取引させてもらってる会社も三社に増えて、ありがたいことです。
なので、もっと仕事に集中したいんだけど確定申告もしないといけないしでパニック!

もし、今年も一年今のまま、それ以上に順調に仕事がもらえてなんとかやっていけるのだったら来年から確定申告を税理士さんに頼もうかな?
友達で同じく個人で仕事してる子がいて、税理士事務所に丸投げで本当に楽だって言ってたんです。

会計ソフトみたいなの使うよりやっぱりも税理士さん、やっぱマンパワーだよって会社やってる友達も言ってたなぁ。
そうできたら仕事に集中出来て本当にいいだろうなぁ。

よし!来年はそうなるようにこの一年ますます仕事頑張ろうって思います!

Read More

弁護士に相談を決心する

少し前に、離婚について話し合いをしていた。
結婚してしばらくしてから、主人のお金の使い方が嫌で、指摘をした。
すると、仕事を頑張っているのだから、それぐらい好きにさせてくれ!と言われた。
これからのために、お金を貯めていきたい私にとっては、先がみえなくなった。
お金があるから使うのではなく、適度に使って、残していくという考えもほしかったのだ。
その小さな溝が、少しずつ広がり、今まで目につかなかったことまでもが、目につくようになった。
そして、離婚に繋がった。
しかし、二人の間で、養育費などの話し合いをしても、きちんとした成立にはならないと知っていたので、意を決して、弁護士に相談することにした。
弁護士に相談すると、費用もかかるが、これからの生活のことを考えると、きちんとしておかないといけないことだと思った。
そして、弁護士に相談をし、きちんとした形で離婚を進めていくことになった。
それは、主人からすると、驚きの行動だったみたいだが、それぐらい意思のかたいことだと、わかってほしかったのだ。
これから、離婚のことで、忙しくなりそうだ。

Read More